FC2ブログ

日米の契約観の違い


[1176-20200610]
日米の契約観の違い

文言に関して
日本:本契約に関して紛争が生じた場合、当事者は誠意をもって協議し円満解決を図る。(円満解決条項)
米国:本契約は当事者間における本件主題に関する従前の全ての契約・合意を無効とし、これに取って代わるものである。(完全合意条項)

条項の意味合い
日本:契約が重要な事項のみを定めたものにすぎず、問題が発生した場合に、当事者が誠意をもって協議し、円満に解決できることを前提とするもの。
米国:合意した内容は全て契約書自体に明記しなければならず、暗黙の合意や契約文言と合意内容の相違を認めない。


Difference in view on Japan-U.S.A contract

About words
Japan: When a dispute occurs about the contract, the person concerned discusses it in all sincerity and plans a harmony solution. (Harmony solution article)
U.S.A: The contract invalidates all conventional contracts, agreements about this matter subject between the person concerned and replaces this. (Complete agreement article)

Implication of the article
Japan: Contract is only the thing which established only the matter that is important, and the person concerned discusses it in all sincerity when a problem occurs and premises solving peacefully.
U.S.A: All the contents which agreed must be specified in contract itself. Tacit agreement and the difference contract words and agreement contents are not recognized.


DSC_0603_20200610143651235.jpg
大阪中之島 Osaka Nakanoshima
20200515撮影

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック