FC2ブログ

リフォームやリノベーションの推進のためには

リフォーム・リノベーションの情報発信

スクラップアンドビルドとは、老朽化した建物・設備を一度廃棄や取り壊して、その後最新鋭の技術などを生かした新しい設備などに建替えることをいいます。しかし、高度成長経済からバブル崩壊を経て少子高齢社会における長期低迷経済の現在に至っては、消費文化の反対運動により、再利用、耐久性のある建物の考え方が主流になりました。そのような中、建設業界ではリフォーム・リノベーション分野で起業する多くのベンチャー企業が誕生しましたが、未だ軌道に乗ったとは言えない現状が続いております。

先日、某事業家からご相談を受けましたが、何故、新築受注が記録的に激減した分、リフォーム分野での受注が顕著に増加しないのか?その答えは色々と考えられるわけですが、一つはっきり言えることは、リフォームやリノベーションの実績に関してビジュアル化した情報発信がまだまだ不足しているからではないでしょうか。大手企業は、新築そっくりさんとか宣伝広告費をたっぷりかけてPRしておりますが、地元工務店さんや大工さんに至ってはそこまでの余力はないかもしれません。

さて、エジプト・リビヤを始め中近東各地では国民による命がけの政変が起こっておりますが、その発生源はインターネットを媒体とするソーシャルネットワークによるものと言っても過言ではありません。

私がアドバイスできることは、リフォーム・リノベーションは、現場で体感するのが一番ですが写真・動画などビジュアルを駆使して、いわゆるPRではなく誰からも喜ばれる情報発信をすることが最も大切です。お互いに尊敬し尊敬される情報発信の方法(米国ではレスペクト・マーケティングと呼ばれます)を考えながら、とにかくユーザーと対話することが重要です。次に、品質とコストです。施工エリアと、実績施工作品のビフォア(施工前)とアフタ(施工後)の2枚の写真又は動画をこのソーシャルメディアという無料の情報受発信媒体を使って継続して情報発信に力を入れることです。一方通行の商業コマーシャルはもはや時代遅れです。尊敬される情報発信(レスペクト・マーケティング)です。これからは、プライベイトブランドと対話が重視されます。地元工務店・大工さんにとっては、ある意味“千載一遇のチャンス”と言えるかもしれません。

当方も不動産コンサルティングとしてこの分野には最大限力を入れて行きたいと考えております。第三者の立場でものごとを分析しなければならない為、会社名は表示することはできませんが、施工地と2枚の写真をご提供頂ければ不動産の鉄則(リフォーム・リノベーション編)で無料掲載させて頂きます。厳しく評価・検証しながらリフォーム・リノベーション全体の売上増に貢献できればと考えております。

方法論は、[3-20110215]ソーシャルメディアを導入したビジネス展開に関してをご参照下さい。

※リフォームとリノベーションの違い
原状回復のための表面的な修繕、営繕、不具合箇所への部分的な対処を行う「リフォーム」に対し、機能、価値の再生のための改修や、住まいのくらし全体に対処した包括的な改修が「リノベーション」です。統一技術基準に基づく品質確保と情報開示、保証による住まい選びに安心が付加されたリノベーションは「優良な」リノベーションと位置づけられます。

施工事例

[3-20110307-K社-山形県]

Before


[2-20110305-Y社-東京都]
コメント◆築38年の台所が明るくすっきりしたキッチンに生まれ変わりましたね。◆評価検証---

Before
20110305-1.jpg
After
20110305-2.jpg


[1-20110304-A社-京都市]
コメント◆明るさと空間の広さを追求しましたね。◆評価検証---

Before
20110304-2.jpg
After
20110304-1.jpg

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック