FC2ブログ

不動産トレンド571-580&近代建築物(東日本編)



[580-20110201]
不動産ブローカーとは
米国でいう不動産ブローカー資格は医者、弁護士についで三大資格の一つです。認知度もあり、スティタスが高い資格です。しかし、 日本でいう「不動産ブローカー」は宅建業者(免許のある会社)に所属せず、無免許で仕事をしている個人事業者などの事をいいます。主な仕事内容は、高額な不動産物件を“物件元業者(売側業者)”と“客付業者(買側業者)”の間で持ちまわります。成功報酬として「企画料・紹介料・広告料・・・」等の名目で受領します。売側業者→ブローカー(→ブローカー)→買側業者と3者(又は4者)であればまだ話が繋がりますが、ブローカーがそれ以上の複数人(社)になると話がまともに繋がらなくなる場合が多い。餡子(あんこ)などとも言われますが、この部分を一元ネットワーク化(1本化)することにより少なくとも交渉はスムーズに出来るようにしなければなりません。一つの不動産売買を成約させる為には、人脈情報なども含め情報量を最大化する必要があります。不動産ブローカーは免許業者でない為、責任の所在が不明確です。ましてや悪徳が付くと物件概要の内容がデタラメであったり、物件でもない不動産が不動産市場へ出回るなどとんでもないこともおこりますので注意しなければなりません。不動産は契約しても流れることが多々あり、決済が済むまでは安心出来ません。
◆名古屋市市政資料館
K504名古屋市市政資料館


[579-20110201]
シングル女性の住宅購入に際して
シングル女性が住宅を購入して住宅ローンを利用するときは、くれぐれもローンを借りすぎないことをお勧めします。一生シングルと思っていても急に結婚が決まったり、転職で引っ越したり、親が高齢になって実家に呼び戻されたりと、いつなんどきライフプランの大幅変更を求められるかはわかりません。終の住処と思って購入した家に、一生住める確率は意外と低いもの。賃貸に出すこと、売却することも想定して、その際に破綻をしない物件を厳しく選び抜くことが不可欠です。
◆華僑ビル(築地)
K505築地華僑ビル


[578-20110201]
立体駐車場にEV充電装置
立体駐車場に駐車中の電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)に自動で充電できるシステムが開発されました。立体駐車場が充電スタンドになっていくことが予測されます。
◆ストロングビル(横浜)
K506ストロングビル


[577-20110201]
Googleマップ賃貸物件検索機能「不動産」モードが終了
2010年8月からサービスが開始されたわずか半年で終了することになります。Googleマップ「不動産」モードは、マンション・アパート・一戸建ての物件タイプ、間取り・広さ、築年数、設備のこだわり条件といった細やかな詳細を入力することができ、赤丸で地図上に多くの物件情報を表示してくれ、サービス開始当初から100万件の情報掲載などといったサービス自体は、高評価を得ていました。しかしながら、現実にはサービス利用増加につながらなかったため、いろいろ検討した結果、終了となったようです。また、日本だけでなく米国・英国など海外地域の同サービスも幕を閉じます。
※評価は高いが利用が低かったとのことですが、地図上に物件が溢れ出し、ある意味防犯上の問題とか不動産業者間の縄張り問題とか・・・買手・借手にとってはありがたかったでしょうが、便利さよりも問題点の方が多かったのではないかと予測します。世の中、便利になりすぎてもダメですね。いずれにせよ、これからの不動産管理はグーグルアースを使いこなさなければついていけなくなりますね。
◆宇都宮カトリック教会
K508宇都宮カトリック教会


[576-20110201]
地方移住30代がトップ
地方での暮らしに魅力を感じ、都市から地方に移り住んだ人は、30代が全体の4分の1近くに上り、退職した団塊世代などを上回って最も多いことが、初めての全国調査で分かりました。
◆東伏見邦英伯爵横浜別邸
K509東伏見邦英伯爵横浜別邸


[575-20110201]
空き家率
現在、住宅全体の13%を占める756万軒の住宅が空き家となっている。特に、山梨県(20.2%)や長野県(19%)、和歌山県(17.9%)などの地方では、空き家率が20%前後に達している。地方の空き家率は2割前後で東京も11%に達しております。
◆青木周蔵別邸
K510青木周蔵別邸


[574-20110201]
郊外の空き家が急増
若年層だけでなく高齢者たちも、高家賃にもかかわらず交通の便が良く、医療サービスが充実し、買い物も便利な都心へ移住する傾向が目立っています。そのため郊外では空き家が急増しています。空き家は犯罪の温床になりやすく、また周辺が急速にスラム化することにより、若年層の流出を促進するという悪循環につながります。
◆研数学館(東京都)
K511研数学館


[573-20110201]
地方の空き家利用
地方の場合、企業と協力し、空き家を会員制の別荘として提供したり、リフォームし退職者向けの住宅として活用したりすることにより、大都市の高齢者を呼び込んでいます。しかし、空き家は多いものの、急増する高齢者が便利に利用できる「シルバー住宅」は不足しているので政府は介護サービスを受けられる高齢者向け賃貸住宅の供給に、積極的に乗り出しています。
◆キクヤビル(東京)
K512キクヤビル


[572-20110201]
分譲マンション管理組合の理事長の外部委託に関して
分譲マンションの管理組合の理事長らが担ってきた業務を、マンション管理士など第三者に任せる動きが始まっています。背景には、居住者の高齢化や物件の賃貸化が進み、管理組合理事会の役員のなり手不足という現状があります。
◆長楽館(東京都)
K513長楽館


[571-20110201]
セルフリノベーションとは
自力で建物を大規模改修する「セルフリノベーション」という取り組みもある。廃墟・空き家の活性化に応用できそうです。
◆函館警察署
K514函館警察署

テーマ : 不動産投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック